トップページ においの仕組み

気になる「におい」の消臭方法

「におい」を消すには、「におい」の素を絶たなければなりません。「におい」の素は、埃だったりカビだったり、油汚れだったりします。これらを取るということは掃除ということになり、「におい」の素が発生しないように予防したり、そのものを使いやすくします。

「におい」を消す前に……

・掃除にどのくらい時間をかけるか計画を立てます。

・動きやすい服装にします。

・窓を開けて換気を良くします。

・集中してぱぱっと掃除できるように、テレビは消します。その代わり、好きな音楽をかけると楽しくなります。

「におい」を消すための、掃除道具

「におい」を消すには、まず周りのごみや埃を取って、素になっている汚れを取ります。

雑巾・古い布・アクリルたわしなど

拭き掃除に使います。古い布はタオル地やフリースなど、拭く場所によって使い分けます。乾拭き用と水拭き用、または使い捨て用と仕上げ用があればOKです。

古くなった歯ブラシ・割り箸

細かな場所の汚れを落とすために使います。割り箸は布を巻きつけて輪ゴムで止めます。

掃除機・ほうき・はたき

炭素と水素の数が一緒のものを異性体といいます。異性体にも構造によって種類があり、立体的な構造を幾何異性体、炭素に異なる原子や官能基がくっついたものを光学異性体といいます。

ゴム手袋

手が荒れるのを防ぎます。使うときは端を折り曲げて、水が入ってこないようにします。

自然素材

酢や重曹、レモンなどお家にあるもので「におい」が消せます。

便利な雑巾の作り方

雑巾を何枚か重ねます。古くなった布とか、薄手のほうが作りやすいです。中心にステッチをかけます。使うときは半分にたたんで、汚れたらノートみたいに、次の雑巾をめくります。両面使えて丸ごと洗えるので便利です。

市販の洗剤について

このサイトでは、市販の洗剤は使っていません。洗剤はトイレ用とか食器用とかたくさんあって揃えなければなりません。けれど、料理に使われる素材を使えば、いろんなところに使いまわしができます。もし、この方法で「におい」が落ちなかったら、そのときだけ市販の洗剤を買い足していけば、物が増えなくて済みます。

洗剤を使うことになったら……洗剤の選び方

酸性の「におい」にはアルカリ性の洗剤、アルカリ性の「におい」には酸性の洗剤を使います。人の肌は弱酸性といわれていますが、体から出る汗や皮脂も酸性なのでアルカリ性がよく落ちます。けれど、いきなり刺激が強い石鹸を使うと肌も傷めてしまいます。そのため人の体も家の中も、初めて使う場所には刺激の少ないものから使ってみるのが良いんですね。

  • ・ 酸性 …… アンモニア、石鹸かす、水垢に
  • ・ 弱酸性 …… 湯垢、石鹸かすに
  • ・ 中性 …… 軽い汚れに
  • ・ 弱アルカリ性の洗剤 …… タバコのヤニ、皮脂などいろんな汚れに
  • ・ アルカリ性の洗剤 …… 油汚れ、しみに
  • 洗剤を混ぜて使うときは、酸性・アルカリ性・塩素系など性質を確認してから使ってください。

においの仕組み
いいにおい、いやなにおいとは。
においが人に与える影響
消臭剤・脱臭剤・芳香剤
気になるにおいの消臭方法
排水溝のにおい
玄関・下駄箱のにおい
トイレのにおい
洗濯機・洗濯物のにおい
冷蔵庫のにおい
部屋のにおい
ペットのにおい
そのほかのにおい

ページメニュー