トップページ においの仕組み

排水溝の「におい」

排水溝は「ぬめり」「におい」「つまり」など気になることがいっぱいあります。何故こうした状態になるのでしょうか。水が流れる場所なので、排水溝がこのような状態では風水的にも気の流れが悪くなるといわれています。排水溝や台所を掃除してみましょう。

排水溝の「におい」の原因

水が流れる場所は、台所・浴室・洗面所などがあります。台所の排水溝の「におい」は食べ物が詰まってぬめりになります。浴室や洗面台なら髪の毛や石鹸かすが溜まって水垢ができたりします。どちらもカビが繁殖しやすい場所なんですね。また、台所下の収納棚も湿気が溜まりがちな場所です。普段から通気性を良くして湿気や水分を溜めないようにしましょう。

排水溝の「におい」を取る道具

排水溝や台所って重曹や酢が力を発揮する場所なんですね。ステンレスは塩素に弱く、ホーローは酸性に弱い性質があります。市販の洗剤を使うときは洗剤の種類に気をつけて使ってくださいね。

重曹

排水溝は放っておくとすぐにぬめってしまいます。状態に合わせて浸ける時間を調節します。研磨剤としての役割もあるので、曇り止めになります。シンクを磨くときは傷つけないように気をつけましょう。

酢は排水溝だけでなく、蛇口やシンクを磨くときにも使います。カビや水垢の多い場所に効果があります。

10円玉、アルミホイル

市販のぬめり取りもありますが、排水口に10円玉やアルミホイルを入れておくと、排水口のぬめりを取ってくれます。使うときは、使い古したストッキングなどに入れて排水口にぶら下げます。金属で分解するというちゃんとした方法なんですよ。

排水溝の消臭方法

まず、排水溝のゴミを取らなければ、いくら消臭しても素は断ち切れません。この方法は台所だけでなく、お風呂の排水口にも有効です。

  • 【使うもの】
  • ・ 重曹(重曹水)
  • ・ 歯ブラシ
  • ・ 酢
  • ・ 熱湯
  • ・ ゴム手袋
  • 【消臭方法】
  • 1.ゴム手袋をして、排水溝のゴミを取ります。取りにくいときは割り箸を使っても良いでしょう。重曹水をかけて歯ブラシで汚れを落とします。
  • 2.排水溝に重曹をたっぷり入れ、1時間ほど置いておきます。しつこい汚れには、ティッシュをのせて上から酢をスプレーします。
  • 3.温めた酢をかけます。
  • 4.その後、熱湯を流します。

台所の掃除方法

排水溝が終わってから台所(シンク)に入るとスムーズです。台所を磨くときは、傷がつかないように目に合わせて磨きます。

  • 【使うもの】
  • ・ 重曹
  • ・ ゴム手袋
  • ・ スポンジ
  • ・ 歯ブラシ
  • 【掃除方法】
  • 1.三角コーナーがある場合はごみを捨て、歯ブラシで汚れを落とします。
  • 2.ゴム手袋をして、湿らせたスポンジに重曹をつけます。
  • 3.目に沿って汚れを落としていきます。大体横方向になっています。
  • 4.水を流します。
  • 5.乾拭きをして、水分を残さないようにします。
  • 6.台所下の掃除に入ります。中の物を全部取り出して、不用品を捨てます。
  • 7.台所下の棚は重曹水を使いますが、木製の棚には使えません。その場合は弱アルカリ性の洗剤で拭き掃除をします。扉を開けた状態で、よく乾かして完了です。
  • 台所を磨く方法には、大根の切れ端や小麦粉・お茶殻・レモンなどいろいろな方法があるので、試してみてください。

排水溝の「におい」の原因

排水口に「におい」をつけるってあまり聞いたことがないかもしれませんね。食器用洗剤でもいろんな香りが出ているので、食器を洗いながら気持ちもさっぱりさせるつもりで好きな香りを選んでみましょう。重曹で掃除するときに、香りをつけるのが良いかなと思います。植物を飾ってその香りを楽しむのも良いですね!

排水口に向いている香り …… オレンジスイート・レモン・ペパーミント

排水溝の消臭のコツ

・ 台所は使い終わったら水気を拭くようにすると、汚れがつくのを防げます。

・ 台所が傷つかないように洗剤選びに気をつけて、丁寧に磨きましょう。

においの仕組み
いいにおい、いやなにおいとは。
においが人に与える影響
消臭剤・脱臭剤・芳香剤
気になるにおいの消臭方法
排水溝のにおい
玄関・下駄箱のにおい
トイレのにおい
洗濯機・洗濯物のにおい
冷蔵庫のにおい
部屋のにおい
ペットのにおい
そのほかのにおい

ページメニュー