トップページ においの仕組み

トイレの「におい」

よくトイレの「におい」が玄関や違う部屋まで漏れているというのを感じることがあります。家の構造もあるのかもしれませんが、いろんな「におい」が混ざったときにはうえって感じです。トイレの「におい」って掃除したつもりでもなかなか取れないんですよね。

トイレの「におい」の原因

トイレの「におい」の原因は、汚れが落としきれていないことが原因です。トイレの黄ばみは尿石といって炭酸カルシウムと結合したものです。これがトイレの「におい」の素になっています。例えば、外へ出かけたときトイレが混んでいるところは、結構「におい」が気になりませんか?利用する人が多いのに対し、掃除が追いつかないことで「におい」が残ってしまいます。床だけでなく壁にも尿の細かな飛び散りがあり、これを取らないと「におい」は取れません。

トイレの「におい」を取る道具

トイレの汚れにはカビ・水垢・黒ずみなどたくさんの汚れがあります。これらをなくしながら「におい」を取ってみましょう。

重曹

重曹を瓶に入れてトイレの隅に置いておきます。好きな精油で香りをつけることもできます。普段の掃除には重曹水が便利です。重曹水は、水1カップに対して重曹を小匙2加えて作ります。ただし、トイレのアンモニアはアルカリ性なので、中性・酸性に効果がある重曹はおすすめしません。

酢水

スーパーや100円ショップでも売られている酢を使います。酢は酸性なので、トイレ掃除に力を発揮します。調味料の入っていない酢を使ってください。

トイレブラシ

最近はデザインや機能など、いろんなトイレブラシが出ています。ブラシ部分だけをつけかえるトイレブラシもあって、清潔に使えます。

そのほか

ゴム手袋・軍手・ウェット雑巾・綿棒・スポンジなどがあると便利です。

トイレの「におい」を消す方法

掃除の流れは便器・タンク→ウォシュレット→床・壁・天井→ドアノブや棚などとなります。トイレの掃除で気をつけたいのは、磨き残しになりやすいところです。ちょっとした隙間や細かなところに注意してみましょう。

  • 【使うもの】
  • ・ トイレブラシ
  • ・ 重曹水
  • ・ 酢水
  • ・ 割り箸
  • ・ 布
  • ・ 輪ゴム
  • 【消臭方法】
  • 1.まず、トイレで使っていたマットやトイレットペーパーのホルダーなどは外して洗濯します。
  • 2.トイレの便器をトイレ用ブラシで磨きます。トイレ用の洗剤もありますが、酢水を使うと黄ばみや汚れが落ちます。こびりついた黄ばみは浸け置きをします。忘れがちな内側のふちも磨きましょう。
  • 3.肌に触れる便座は水気を絞った布で拭きます。
  • 4.次に酢水を使って蓋やタンクを拭いてから、水拭きをします。
  • 5.ウォシュレットは水をかけないように注意して、綿棒や布を巻きつけた割り箸などで埃を取ります。ノズルは軽く水拭きをし、脱臭フィルターは歯ブラシで汚れをこすり落とします。
  • 6.手洗い器の埃やゴミを取ります。重曹水をスポンジにつけて拭きます。
  • 7.便器の周りを拭きます。トイレの床や便器と床の境目は酢水で拭き掃除をします。こまかな場所は、割り箸に布を巻きつけたもので汚れを落とします。歯ブラシでも代用できます。 たまに金具の接続部分も磨いて、いつでも清潔にしておきましょう♪

トイレを「いいにおい」にする

トイレに向いている香りはちょっと強いかな?というくらいの香りです。最近はレストランなどのトイレは飾り方がすごく参考になります。トイレにも花やインテリアで飾ってみましょう。トイレの芳香ってフローラル系が多いのですが、個人的には柑橘系の香りもさわやかでおすすめです。石鹸や香水も向いていますから、お好みで試してみてください。

トイレに向いている香り …… ジャスミン・ユリ・キンモクセイ・オレンジスイート

トイレの消臭のコツ

・ トイレ用品はこまめに洗濯をしましょう。

・ 床と便器の隙間や蓋と便器の接続部分、便器の内側のふちなど、細かなところに注意してみましょう。

・ 洗剤は中性・酸性・アルカリ性を確認して正しく使いましょう。

・ 普段からトイレ掃除の習慣をつけましょう。

においの仕組み
いいにおい、いやなにおいとは。
においが人に与える影響
消臭剤・脱臭剤・芳香剤
気になるにおいの消臭方法
排水溝のにおい
玄関・下駄箱のにおい
トイレのにおい
洗濯機・洗濯物のにおい
冷蔵庫のにおい
部屋のにおい
ペットのにおい
そのほかのにおい

ページメニュー