トップページ 気になるにおいの消臭方法

「いいにおい」、「いやなにおい」とは。

「におい」って一言でいうと、どんな「におい」かよく分かりません。けれど、臭いって書くと嫌な感じとか、匂い・香りって書くと良いイメージがありませんか?それぞれに「いいにおい」のイメージと「いやなにおい」のイメージがあると思います。この「におい」の違いはどこから来るのでしょう。

そもそも「におい」って何?

臭気は鼻の嗅覚を通して脳に伝えられます。「におい」によって相手がどこの誰かを察知したり、どんな相手かを知ることで身を守ったりします。花の場合は香りを出すことで虫を寄せつけます。また食べ物の良い香りがすると、脳が刺激を受けて食べてみたいな、と食欲が沸きます。「におい」は生きていくために、いろんな情報を引き出すことができます。こうして自分と相手の距離を上手に取って、惹きつけたり距離を取ったりしているんですね。

「におい」のイメージ

「におい」には脳が受け取るイメージによって甘いとか辛いとかたくさんの形容詞を持っています。「どんなにおいか?」と聞かれて答えるとき、そのものの味覚や触覚まで表現してしまうことはありませんか?「におい」はダイレクトに伝わってくるものなんですね。

「いいにおい」の場合

【食べ物の場合】 …… 甘い・辛い・香ばしい

【洗剤の場合】 …… さわやか・やわらかい

【花の場合】 …… 甘い・優しい・女性的

「いやなにおい」の場合

【トイレの場合】 …… 酸っぱい・きつい

【食べ物の場合】 …… もわっとする・吐きそう

【カビの場合】 …… じめっとする・水っぽい

「いいにおい」と「いやなにおい」の違い

よく臭気の実験で、「無臭」「いいにおい」「いやなにおい」の3種類を嗅いでもらってテストする、というのがあります。すると「いいにおい」「無臭」「いやなにおい」の順に成績が良かったといいます。「いいにおい」を嗅いでいるときはα派が分泌されてリラックスしている状態になります。逆に「いやなにおい」を嗅いでいるときは集中力や記憶力が衰えています。「におい」は視覚や触覚、聴覚などに比べると直接的に脳に影響を与える効果があるんですね。

「いいにおい」の種類とは

「いいにおい」は漢字で書くと「匂い」ほかにも「香り」「香料」などと呼ばれます。香りにはフレグランス・アロマ・パフューム・インセンス・フレーバーといった表現があり、それぞれに使い分けられています。

フレグランス(fragrance) …… 草花や木から出る新鮮な香り

アロマ(aroma) …… 香り、芳香

パフューム(perfume) …… 人工的に発する香り、香水

インセンス(incense) …… お香を焚くこと

フレーバー(flavor) …… 主に風味のこと、食品の香り

「いやなにおい」の種類とは

「いやなにおい」の代表的なものには、硫黄化合物・窒素化合物・脂肪酸・アルデヒド・芳香族が挙げられます。これらを特定悪臭物質といい、22種類指定されています。こうしてみると、「いやなにおい」の種類が何となく判ると思います。

硫黄化合物 …… ごみ処理場やし尿処理工場に多い硫化水素とメチルメルカプタン

窒素化合物 …… トイレに多いアンモニア、冷蔵庫や魚の工場に多いトリメチルアミン

脂肪酸 …… 汗や体から発生するイソ吉草酸、食酢の主成分の酢酸

アルデヒド …… タバコに多いアセトアルデヒド、何かを焦がしたときに発生するイソブタノール

芳香族 …… ガソリンから発生するキシレン、都市ガスから発生するスチレン

必要換気量について

ビル管理法・建築基準法による、空気汚染の基準というものがあります。それによると、一酸化炭素は空気1立方メートルにつき0.001%、二酸化炭素長時間滞在の場合で0.007%、通常で0.1%が基準となっています。必要換気量は次の通りです。

  • 居間・応接室 …… 7.5〜15立方メートル/立方メートル
  • 台所 …… 40〜60立方メートル/立方メートル
  • 浴室 …… 10〜12立方メートル/立方メートル
  • トイレ …… 22〜30立方メートル/立方メートル
  • 開放式 …… 排ガス×40
  • 半密閉 …… 排ガス×2
  • ▼排気量▼
  • 都市ガスの排気量 …… 5.343立方メートル/立方メートル
  • 天然ガスの排気量 …… 13.9立方メートル/立方メートル
  • 灯油の排気量 …… 立方メートル/k

換気の仕方

空気を入れ替える換気には、機械をつかった換気と、窓を開けて行う自然の換気があります。自然の換気の場合は、風の入り口を上、出口を下にするとスムーズに換気ができます。換気できる量は、窓と窓の距離が離れているほど大きくなります。

悪臭防止法とは

悪臭防止法とは昭和46年に定められた法律で、悪臭から生活を守るために作られました。これまで臭気というものは、目に見えない感覚的なもので、健康を害さないものとされてきました。しかし、悪臭の研究が進められるうちに世論が高まり、この法律ができました。現在は工場や車の排気ガスだけでなく、住宅の臭気にも気を配らなければなりません。そのため臭気判定士の、人の感覚による臭気の数値化も導入されるようになりました。

においの仕組み
いいにおい、いやなにおいとは。
においが人に与える影響
消臭剤・脱臭剤・芳香剤
気になるにおいの消臭方法
排水溝のにおい
玄関・下駄箱のにおい
トイレのにおい
洗濯機・洗濯物のにおい
冷蔵庫のにおい
部屋のにおい
ペットのにおい
そのほかのにおい

ページメニュー