トップページ 気になるにおいの消臭方法

消臭剤・脱臭剤・芳香剤

「におい」の気になる場所は、トイレ・冷蔵庫・衣類など広い範囲に及びます。これらの場所や用途によって消臭剤・脱臭剤・芳香剤が使われます。使い方を間違えると、余計に無駄に使うことになったり、効果が表れないこともあります。これらの違いを理解して「いやなにおい」を消してみましょう。

消臭剤・脱臭剤・芳香剤の違い

「におい」を消すものには、消臭剤・脱臭剤・芳香剤があります。シート型や液体タイプなど、使う場所によって形状も異なります。場所によって複数使い分けている家庭も少なくありません。これらはどのように違うのでしょうか。

消臭剤とは

消臭とは「におい」の素を中和させて消すことをいいます。消臭剤には使い方によって置くタイプ・スプレータイプ・吊り下げタイプなどに分類されます。このほかにも用途に合わせてトイレのタンク用・衣類用・ペット用・車用などがあります。

脱臭剤とは

脱臭とは、「におい」を抜き取ることをいいます。冷蔵庫や下駄箱の空間に広がった「におい」をとるものとして知られています。

芳香剤とは

香りを出すもので基本的に消臭成分は含まれていません。最近は化学成分より天然素材を使った芳香剤が人気です。消臭剤にも芳香成分が含まれています。芳香ならアロマセラピーに使われる精油も使えますよ。芳香器は芳香剤をセットして、「いいにおい」のする風を送る芳香器もあります。

精油・お香

精油やお香は良い香りがします。精油の場合は重曹や水などと混ぜていろいろな使い道があります。お香も消臭をした上で使ったり、消臭をしながら使うことができます。

消臭方法・脱臭方法

「いやなにおい」を消す方法には、「におい」の素を減らしたり、包み込んだりといろいろな消臭方法や脱臭方法があります。

物理的な消臭方法

「におい」の成分を吸着したり包み込んで消臭する方法です。洗浄法・吸着法・被覆法があり、「におい」の素を発生させないようにします。

化学的な消臭方法

「におい」の成分に消臭成分を結び付けて無臭にする方法です。中和法・酸化法・高温酸化分解法があります。

生物的な消臭方法

バクテリアを分解したり繁殖を抑える方法です。土壌酸化法・スクラバー法・空気還元法があります。

感覚的な消臭方法

強い香りの芳香剤によって「におい」をごまかすマスキング法と「におい」を良い香りの一部として取り込み、良い香りに変えてしまうペアリング法があります。

消臭剤・脱臭剤・芳香剤の使い方

ついつい消臭剤や脱臭剤を何個も買ってしまうことってありませんか? 「におい」には空気の流れに沿っていくサイクルがあります。部屋の中でいろんな「におい」が入り混じったように感じるのは、汗の「におい」が空間をただよったり、油の「におい」が布にくっついたりするからなんですね。消臭剤は換気扇に向けて置き、芳香剤は風が通る窓辺に置きます。空気の流れが悪く、蒸れやすい場所には脱臭剤と除湿剤を置きます。このように空気の流れに合わせて置くのが、効果的な使い方なんですね。

簡単消臭剤の作り方

香水屋さんの見本によくある、簡単な消臭剤です。

【材料】

丸いコットン、容器、お好みの精油

 

【作り方】

1..コットンに精油を染み込ませます。何個か用意して、容器に入れてできあがりです。

2.これをタンスや押入れなどに置いておくと、やわらかな香りがします♪

空気清浄機について

消臭剤は不安という人におすすめなのが、空気清浄機です。気になる「におい」を消臭するだけでなく、花粉やカビをキャッチして赤ちゃんにやさしい空気を送ります。注意をしたいのは、喫煙室によく使われていますが、タバコの有害なガスは除去できないということです。そのため、空気の流れを作ることが必要です。加湿機能や、安全な成分だけを使用した芳香機能のついた空気清浄機もあり、リフレッシュできます。アレルギーの人にもおすすめです。

においの仕組み
いいにおい、いやなにおいとは。
においが人に与える影響
消臭剤・脱臭剤・芳香剤
気になるにおいの消臭方法
排水溝のにおい
玄関・下駄箱のにおい
トイレのにおい
洗濯機・洗濯物のにおい
冷蔵庫のにおい
部屋のにおい
ペットのにおい
そのほかのにおい

ページメニュー